就活生の本音vs人材業界のプロの本音、大調査!

学生実行員会が就活生130人にアンケート!就活生の本音を大公開しちゃいます。さらに、数多くの有名人材会社で活躍した『人材業界のプロ』の本音も大公開。就活生の意外な落とし穴が判明がわかるかも?

ここにあるだけにとどまらず、2012年11月12日、13日に東京ビッグサイトで行われるワークプレイスメントのイベントでは、150社の企業のブースで就業体験をできたり企業の方のリアルな声を聞くことができます! 普段はなかなか会いづらい企業の方に、直接色々なことを聞くことのできるチャンス!

東京ビッグサイト無料イベント詳細・参加はこちら!

会社選びで重視したい点ランキング

1位 仕事のやりがい・・・97票

プロの本音 「やりがい」という言葉は抽象的なので、 自分がどういうことにやりがいを感じるか?を言葉として具体的にしておいたほうがいいですね。抽象的なままにしておくと、就職活動の途中で「やっぱり違った」ということに気づく時があります。できるだけ具体的な言葉にすることを通じて、自分の思いを再確認しましょう。

2位 会社の雰囲気・・・・77票

プロの本音 雰囲気はもちろんご自身の尺度を持つことも大事ですが、様々な世代の社員の方にお話を伺ってみてはいかがでしょうか?「25~6歳の社員の話(入社数年後の視点)」「30代社員の話(主力人材の視点)」「役員クラスの方のお話(経営者の視点)」すべてを聞いてみたほうが、より多面的に「雰囲気」を捉えることができます。

3位 年収・・・60票

プロの本音 大切な時間を仕事に費やした対価として「年収」は大事な要素ですよね。だからこそ、額面の金額だけにとらわれないようにしたいですね。「年収」は「労働対価」ですから、給料の高い仕事は何かしら給料が高い理由があります。「どんな仕事の対価なのか?」「本当にやりたいことか?」「困難があっても乗り切りたいと思うテーマの仕事か?」など多面的に見て判断したいですね。

面接対策で大事なことランキング

1位 人前で話すこと・・・76票

プロの本音 今の学生さんは「目上の方と話すことが苦手。緊張する。」という方が多いです。これは「慣れるしかない」のです。「慣れ」を克服する近道としては「面接官の質問をしっかり聞く」ことと、「一度にいろんなことを伝えようとしない」こと。このふたつを実践するだけでも、効果があります。よく見せようと欲張らず「一番大切なことを伝える」に徹しましょう。

2位 社会人との会話慣れ・・73票

プロの本音 これも「経験を積む」しかありません。ですが、自分の実力以上によく見せようとすると、余計に自分のペースがつかめず、うまくいかないものです。実力以上に背伸びした面接応対はすぐ見破られてしまいます。等身大、正直に応対したほうが学生さんらしくて好感が持てます。

3位 自己PR作り・・・68票

プロの本音 最近の学生さんは「サークルで幹事をやってました」など、肩書きをアピールする人が多いです。同じサークルの幹事でもいろんな人いますから、肩書きよりも働きぶりのほうが大事です。そこに本人の人柄が出ますので、企業人事としてもプロセスやプロセスにおける思考を理解することで学生さんのことを把握します。肩書きだけで「リーダーシップがある」と判断する企業は皆無だと思ったほうが良いでしょう。

企業の採用担当のホンネ、聞きませんか?

さて、11月12日、13日行われる「ワークプレイスメント2012」では150社以上の企業が一挙集結!学生実行委員では各企業を訪問し、採用担当の本音を聞き出すインタビューを生中継します。
例えば…

「どんな事に『やりがい』を感じる人が今、企業は欲しいと思うのか?」
「自分のやりがいってどうやって見つければいいの?やりがいを見つける賢い方法とは?」
「そもそも、リーダーシップを企業は学生に本当に求めてる?」

など、一度にこれだけ多くの採用担当の『ホンネ』を直接聞けるのは、『ワークプレイスメント2012』だけ!
是非、以下参加ページより事前登録の上、イベントにご来場ください!

東京ビッグサイト無料イベント詳細・参加はこちら!