面白法人カヤック

代表取締役 柳澤大輔さん

 

 

学生実行委員会によるスペシャルインタビュー第二弾は、面白法人カヤック代表取締役の柳澤大輔さんです。学生を採用する方として、また社会人の先輩として「働くこと」についてお話をお伺いしました。

(担当:矢野 直貴)

 

 

採用方法は多様化する一方。学生にも工夫が必要

矢野:カヤックでは「節就宣言」と銘打ち、他社では見られないユニークな採用活動を行っていますね。採用活動についてどうお考えですか?

柳澤さん:多くの学生にカヤックのことを知ってもらい、応募者を増やすのが、一つ目の狙いです。学生に企業のことを知ってもらえる機会は少ないので、なるべく興味を持って応募される方が増えるように工夫しています。また一風変わった採用活動を行うことで、学生もカヤックの目指すところや、雰囲気がわかると思います。就活の早い段階で、会社との相性がわかれば、就活に費やす時間を節約し、もっと違うことに時間を使うことができますよね。

矢野:これから就職活動をする学生に対して活動の仕方に関してアドバイスをお願いします。

柳澤さん:カヤックに限らず、職種別、ポジション別に採用を行うなど、多くの企業が採用方法を多様化させています。採用を工夫をしている企業はその会社が望む人材の獲得に成功しています。学生も企業へのアプローチの仕方を工夫してみるといい結果が得られるのではないでしょうか。OB訪問を公式には受け付けていない企業にアプローチして、自分でルートを開拓するとか。

 

目の前のことを精一杯

矢野:サラリーマンから代表取締役まで経験した柳澤さん。働くとはどういうことだとお考えですか。

柳澤さん:小学生なら小学校の生活を、中学生なら受験勉強や部活動を精一杯やりますよね。僕にとっては社会人として働くこともそれと同じ。今それをやることが大事だから、精一杯やるだけです。スタートはそういう気持ちだとしても、ずっと突きつめていくと、気付いたらその仕事が生きがいになっていたり使命感が生まれていたり。働くとはそういうことだと思います。そうすれば、自分にしかできないこと、伸ばしていくべきものがわかると思います。やりたいことや目標をむりして探していてもなにも見つかりません。目の前にあることを精一杯やる。そのほうがいいと思いますね。

 

働くなかで変わったこと

矢野:そのように働いていく中で、柳澤さんご自身、なにか変わったことはありましたか。

柳澤:変わったことはもちろんありますが、根本的な部分では変わってないです。自分が好きな人達と、一緒に仕事がしたいという気持ちは変わらないですね。今のメンバーと精一杯やって討死するなら仕方ない!くらいの気持ちでやっています。変わったことといえば、働いていく中で大人の常識をわかるようになり、それもまた悪くないと思えるようになりました。また、他人への理解が広がって人を許せるようになった。柔軟になったと思います。

 

学生が変わった

矢野:昔の新入社員と比べて、今の新卒者は何か変わりましたか?

柳澤さん:スキルとマインド、二つの側面からお話できると思います。僕は学生全体を把握しているわけではないので、あくまでWEB業界限定の話になるのですが、スキルに関しては、エンジニアとしてのスキルをもつ学生が非常に増えています。10年くらい前はWEBのスキルを持つ学生は本当に少なかった。マインドに関しては、みんなが大手企業への就職を目指す、という風潮ではなくなっていると感じています。アプリの登場で、独立することも容易になってきた。最初から独立を目指して、就職する学生もいますね。

矢野:カヤックが新卒者に求めるのはどのようなことですか?

柳澤さん:WEBが天職、というくらいの学生に来てもらいたいです。カヤックという組織のありかたとして、一人のカリスマがいて、その人一人で組織を引っ張っていくというのではなく、みんな自由にやっておもしろいものをそれぞれが作っている、という組織にしたい。そのために暇さえあれば、自分の好きなアプリを作っている、というくらいの学生に来てもらいたいです。人に何か決めてほしいという方は向いていないと思います。

 

今置かれている生活がその人の生き方

矢野:ワークプレイスメントという取組についてどう思いますか

柳澤さん:カヤックのインターンシップは最長1ヵ月と決まっています。しかし、1ヵ月で学生のことをよく知るのは難しい。学生と企業がお互いのことを長い時間をかけて知ることができるというのはいい点だと思います。あとはインターシップ、バイトとの線引きがうまくできれば新しい制度として、学生も企業も積極的に活用するようになるのではないでしょうか。

矢野:最後に学生へメッセージをお願いします。

柳澤さん:繰り返しになりますが、何でもいいから目の前のことを頑張ってください。今置かれている生活がその人自身の生き方です。就職活動もそのタイミングになってから一生懸命やればいいと思います。本気でやってだめだったらあきらめもつくでしょうし、ほかの選択肢も見えてくるでしょう。

 

 

柳澤大輔(やなさわだいすけ)
1974年香港生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。
1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。鎌倉に本社を構え、鎌倉からオリジナリティのあるコンテンツをWeb
サイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム市場に発信する。
主要事業のほかにもカヤックが運営する飲食店「DONBURI CAFE DINING bowls」の運営や2009年、ビンボーゆすりを科学したプロダクト「YUREX」の開発のプロデュースにたずさわる。100以上のクリエイティブディレクターをつとめる傍ら、2012年カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル、2010年東京インタラクティブ・アド・アワード、2010~2012年Yahoo!インターネットクリエイティブアワードなどWeb広告賞で審査員をつとめ、著書に「面白法人カヤック会社案内」(プレジデント社)、「アイデアは考えるな」(日経BP社)、などがある。ユニークな人事制度(サイコロ給、スマイル給)や、ワークスタイル(旅する支社)を発信し、「面白法人」というキャッチコピーの名のもと新しい会社のスタイルに挑戦中。

 

 

 

ワークプレイスメントに登録する