常見陽平さんインタビュー

学生実行委員会による、第一回スペシャルインタビューは、人材コンサルタント・大学講師など広範囲にわたる分野でご活躍していらっしゃる常見陽平さんに、就職活動や大学生活についてお話をうかがってきました。(担当:豊田 芙生子)

学生は騙される?

豊田:現状の就職活動についてどのようにお考えですか。

常見さん:就職活動って昔も今も基本は変わらないんですよね。学生にとっては就職活動だけど、企業にとっては採用活動であり、企業活動の一部だから利益になることを追求せざるを得ない。でも日本の就職活動は画一的だとか、就活がテクニックに走っているとかいう批判に対しては、否定的な考えを持っています。ちゃんとやるべきことをわかっている学生は少ないですよね。学生は働いたことがないから、就職するとか、働くことに関する知識がない。一方で企業の人事は毎年採用活動を繰り返すことで、ノウハウがたまっていく。だから学生は、ちゃんと考え、行動しないと、自分に合った会社にたどり着けません。企業の採用担当の方達とお話していると、「おもしろいインターンシッププログラムをつくったり、『グローバル』、『成長』というワードを自社サイトに出して説明会を行えば、学生はすぐに集まる」という発言を耳にします。学生は、表面的な企業の顔だけでなく、いろいろな角度から企業を見る眼を作らないといけません。


インターンシップの限界

豊田:インターンシップについてはどのようなお考えをお持ちですか。

常見さん:インターンシップには正直、限界があるとは思います。インターンシップは、一歩間違えると企業を良くみせる“ごっこ遊び”になってしまいます。もちろん評価の高いプログラムもあるけれど、そもそもインターン自体が就業体験というプログラムなのか、大学の講義の一環なのか、企業の採用活動、あるいは社会貢献活動なのか、労働力の代替なのか、不透明になりやすいですよね。ベンチャー企業のインターンに参加すること自体がステータスになってしまうのはおかしいと

思います。

一方で、いわゆる『意識の高い』学生、つまりインターンとか就職活動が楽しくてしかたない学生が生まれてしまうという現状についても考える必要があると思いますね。大学生活の中でイ

ンターンや就職活動だけが楽しくなってしまうのは間違いですよ。身のまわりにいろいろ、楽しめる場がある

わけですから。ただ、それがなくて、就活関連のことが楽しいという現実もあると思います。

豊田:間違いというのは、つまりどういうことでしょうか。

常見さん:もっとがんばることがあるだろうという思いがあります。『意識の高い

』学生って

、大学生活楽しいのかな?って感じるんです。ベンチャー企業のかっこいい社長が熱いこと語って、「成

長だ!」って言われると、昔受験勉強に熱かった頃とか、中学・高校で部活をがんばっていた頃を思い出して、そのまま呑み込んでしまっているんですよね。「成長」や「一緒に熱くなろう!」という企業に、学生はのっかってしまっているなと感じます。

学生よ、賢くなれ!

豊田:そのような環境の中で学生にとって、どのようなことが指標になるのでしょうか。

常見さん:自分で賢くなるしかないですね。大学で面白い授業、厳しくても内容に定評のある授業を活用するとか。場としての大学って活用するところがいっぱいありますよね。図書館で新聞がただで読めたり、有料の検索サイトが活用できたり。もうひとつは、社会との接点づくりだと思っています。SNSなどをつかって社会人に会いに行きやすくなっているわけだし、「社会って実際はどうなんだ?」というところを学びに行くことですね。まさに大学生はそれを学ぶべきだけど、大学で学べないことは自ら外に求めていってほしいと思います。

豊田:ワークプレイスメントについてはどのようにお考えでしょうか。

常見さん:ポイントとしては、どれだけ企業が本当のことをみせてくれるかだと思います。いかに本当に近い環境で、職業体験をできる機会があるかということが大事です。実際のオフィスに入ってもらうことで、マナーとか電話の応対の仕方とか、100円・200円のお金を稼ぐことがどれだけ大変かってことを学生に味わってもらうことはいいことだと思います。自分が何もできないことを学んだり、会社のリアルを見るというのは大切ですよ。いいことも悪いことも早めに知っておくべきです。


「考える」ということを学ぶ

常見さん:就業体験って、「考える」ということはどういうことかを学べるかもしれないですね。学生は自分で思っているほど、考えることをしていないんですよね。単に知識を引き出しているだけ、ということが多いです。例えば「コピーとりみたいな簡単な仕事」と思うかもしれないけど、実際は相手がどういう人かとか、どういう状況なのかを読み取ってコピーの仕方を変える必要があります。また、発言するときも、この一言が相手にどのような印象を与えるのかを考えることが、社会ではすごく大切。そういうことを企業は学生の想像以上に深く考えているということを知ってほしい。

豊田:常見さんの眼から見たときに、ワークプレイスメントは今後どのように展開されると思いますか。

常見さん:新しい出会いの形の一つになればいいな、と。学生が成長する場の一つになればいいと思います。“ごっこ遊び”で終わっちゃいけないですよね。会社のリアルを見られる場であればいいなと思います。

豊田:最後に学生へのメッセージをお願いします。

常見さん:就職活動にヒステリックにならずに、どうすればいいのか、社会的にどう戦えばいいのか、自分の処世術としてどうすればいいのかということを、ちゃんと考えてほしい。また、大学の授業や社会人との会話以外でも、公的な機関が行っている就職支援サービスなど、活用できることは数多くあります。社会にあるさまざまな仕組みをしっかり把握して、自分の将来を創ってほしいですね。

 

プロフィール

 

常見陽平(つねみようへい)

 

著述家、実践女子大学・白百合女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師、株式会社クオリティ・オブ・ライフ フェロー、『就活の栞』編集長。人材コンサルタントとして、企業の新卒採用や、大学のキャリア教育・就職支援のコンサルティングを行う他、キャリア・就活・採用活動をテーマに講演・執筆活動も積極的に行っている。『就活の神さま』(WAVE出版)、『大学生のための「学ぶ」技術』(主婦の友社)といった就活・若手人材の育成に関する著書多数。9月28日に『僕たちはガンダムのジムである』(ヴィレッジブックス)を発表。

 

 

 

 

 

ワークプレイスメントに登録する